旦那はキャバクラ、パチンコ。私は不倫。⑪

小林くんに16時までって事前に

伝えてたので私が時間を伝えると

少し淋しそうな表情になった。

 

「もう、そんな時間か。」

 

「今日はありがとうね。

また会ってもらえる?」

 

「ゆいが良かったら。」

 

「それじゃ、また連絡するね。」

 

「ゆいさ、今度ホテル行かない?」

 

「小林くんが良かったら。」

 

私たちは長年付き合ってるカップルの

会話のような流れで話した。

 

と言っても大学時代の私たちは

こんな会話をしていたから

自然に話せたのだろう。

 

後日、小林くんと再び会いました。

先日と同じように平日の日中にこっそりと。

 

そして先日会ったときに

話していた通りホテルへ行き

私は小林くんと1つになった。

StoChiA広告

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


<

>